車買取に必要な書類は、車検証、自賠責保険証明書、実印、印鑑登録証明書、自動車税納税証明書、運転免許証です。 まず、印鑑登録証明書は、各市町村の役場で手数料を払ってもらってくる必要があります。 そして、印鑑登録証明書に捺印されている印が、実印となります。 車買取り業者に査定をしてもらうだけの場合には、車検証と自賠責保険証明書だけで構いません。 また、買い取ってもらう際、場合によっては、戸籍謄本が必要な場合もあります。 ただ、これは、氏名が変わった人以外は必要ありません。 結婚などにより、姓などが変わった場合には必要なのです。 氏名に変更があってから車検証の変更を行っていない場合にのみ必要なので、必要な人は忘れずに用意するようにしましょう。 戸籍謄本は、自分の本籍のある市町村の役場でのみ発行が可能です。 それに、引っ越しなどで住所が変わった場合には、住民票が必要になります。 これも、車検証の住所変更を行っていない場合にのみ必要になるので、変更を行っていない場合には必ず用意するようにしてください。